木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」とろなまチョコ

内房エリア(東京湾側) 房総半島 食事

バウムクーヘン専門店の新食感スイーツはもうバウムクーヘンではない

投稿日:2020年9月20日 更新日:

アウトレットのある木更津で美味しいスイーツも食べたいな、

と思ったあなた、バウムクーヘンはいかがでしょうか。

 

しかも、ただのバウムクーヘンではないんです。

 

「お取り寄せスイーツで有名なお店だとしたら、」

「素材や作り方にこだわった専門店だとしたら、」

「常に新しいチャレンジを重ねているとしたら、」

 

今回はバウムクーヘンの常識をぶち壊す新食感スイーツのご紹介です。

 

お店の情報

内房エリアの木更津市にあるお店です

ぽんちゃ_房総マップ_内房_木更津市

 

詳細な地図はこちら↓

店名: せんねんの木 祇園店
住所: 千葉県木更津市永井作1-11-11
営業時間: 10:00~18:00
定休日: 月曜日(祝日の場合は火曜日)
食べログ: https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12032827/
HP: https://www.sennennoki.com/

 

せんねんの木バナー(ぽんちゃ)

 

 


木更津市にある「せんねんの木」は手作りバウムクーヘンの専門店。

「ぷりんセス・エッグ」を惜しげもなく使用して、パティシエが丁寧に生地を焼き重ね、キレイな年輪の模様をまとったふわふわなバウムクーヘンが自慢です。

それをなんと土台してしまうという奇想天外な方法で出来上がった「とろなまシリーズ」は新食感のバウムクーヘンケーキ。

いまやお取り寄せの定番として、全国的な人気商品になってます。

趣向を凝らした新商品を次々と打ち出して、わたしたちを飽きさせないお店です。

 

 

SNSの反応はこんな感じ。きれいなスイーツは目の保養になりますねー!

 

 

 

 

 

お店までの行き方

木更津のアウトレットから来る場合は、クルマで20分程度で着きます。

国道16号線を君津方面に走っていく途中で左折するイメージです。

JR久留里線の祇園駅の目の前なので、目的地にすると迷わないと思います。

 

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」入り口
お店の駐車場は比較的広め

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」駐車場
看板も大きめなので迷わないですね

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」入り口
店舗入り口。取っ手がバウムクーヘン?

 

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」
入り口の横にはこんな場所が。
良い写真が撮れそう!

 

 

店内風景

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」りすのすけ君がお出迎え
お店に入るとマスコットの「リスの助」くんが出迎えてくれます

 

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」
商品は常時20種類程度ラインアップ。
テイクアウトかイートインか選んで注文します。

 

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」
イートインのカフェスペース
席が限られているので時間をずらして来た方が座れそう。

 

 

主役のバウムクーヘンはケーキの土台になってます

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」きれいなバームクーヘンがズラリ

 

見てて楽しいケーキの数々、思わず見とれちゃいますね!

実はバウムクーヘンがケーキの土台になってるんです。

 

バウムクーヘンの上に、ムースを乗せたり、フルーツを乗せたり、

ソースでコーティングしたり、いろいろなバウムクーヘンが楽しめるのがこのお店の特長です。

 

今回は手前の2品、「チョコ輪うむ」と「ブリュレ」をいただこうと思います。

 

 

新鮮なたまごが美味しさのヒミツ

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」

せんねんの木のバウムクーヘンは見た目のインパクトだけでなく素材にもごだわりがあるんです。

そのヒミツは、新鮮なたまご。「ぷりんセス・エッグ」は、週齢20週以下の若鶏に限定した高級たまご

農林水産大臣賞を受賞し、高級老舗すき焼き店の「浅草今半」でも使われるプレミアムエッグです。

 

産卵期間を限定する理由はたまごの白身にあります。

若いにわとりの産んだたまごの白身はぷりぷりで、コクのある味わいになります。

わたしたちが普段口にしている水っぽい白身とはまったく違うんですね。

 

 

濃厚でぷりぷりな卵白を使用したケーキは、スポンジのふくらみに明らかな違いが出ます。

これがせんねんの木のバウムクーヘンのふわふわの理由なんです。

 

※袖ヶ浦市の北川鶏園さんのホームページはこちら北川鶏園さんホームページ

今回、ホームページ画像の使用を快諾いただいた北川鶏園さんのぷりんセス・エッグ、

たまごかけごはんにしても濃厚で美味しいですよ!!

 

 

何層にも手間がかかってます

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」

 

ふわふわのバウムクーヘンが出来上がるまで、どれくらいの時間がかかると思いますか。

せんねんの木のバウムクーヘンが焼きあがるまでに、なんと1時間近くの時間がかかるんです。

 

このあいだ、パティシエは片時も離れることなく、オーブン内の温度・湿度を気にしながら、

バウムクーヘンの焼き色、焼き時間を計算しています。

 

オーブン前の暑い環境で、バウムクーヘンの生地を一層一層塗り重ねていくのは、

わたしたちが想像するパティシエの華やかなイメージとはだいぶ違いますね。

 

 

■バウムクーヘン製造工程(せんねんの木ホームページより転載)

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」製造工程

 

この地道な作業がきめ細やかで何層にも重なったふわふわバウムクーヘンを作りあげるんです。

 

ケーキの土台として隠れてしまうことが多いせんねんの木のバウムクーヘンですが、

このあたりに専門店としてのプライドが見え隠れしてますね。

 

もちろん、プレーンのバウムクーヘンもしっとりふわふわ、優しい甘さで美味しいですよ。

 

 

おすすめは「チョコ輪うむ」と「ブリュレ」

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」きれいなバームクーヘンがズラリ
今回は手前の2品。「チョコ輪うむ」と「ブリュレ」をいただきました。

 

チョコ輪うむ(440円)

お取り寄せの一番人気「とろなまチョコ」を小さくしたのが「チョコ輪うむ」です。
カフェメニューの一番人気商品をいただきます!

 

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」とろなまチョコ
チョコ輪うむとご対面。食べる前にもう「美味しい」ですよね。

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」とろなまチョコ
なにやら金色の輝きが。。ラグジュアリー!

 

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」とろなまチョコ断面
断面図。

土台のバウムクーヘンにチョコムースが乗っています。これをとろっとしたチョコレートソースがコーティング。

濃厚なチョコレートの味が楽しめます

ビターなソースと、とろっとしたムースの組合せが面白い

ふわふわで優しい甘さのバウムクーヘンとも相性抜群です。

 

上のムースだけで食べたり、下のバウムクーヘンだけで食べたりして、

いろんな食べ方をしてるうちにパクパクいけちゃいます。

 

いろんな味が楽しめて、会話がはずみますね。

 

ブリュレ(400円)

次はこちらも人気商品の「ブリュレ」をいただきました。

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」とろなまチョコ
こちらも食べる前から「美味しい」。目の保養になります!

 

「ブリュレ」は自慢のバウムクーヘンを秘伝のシロップを染み込ませて、サトウキビをまぶして表面をキャラメリゼしたケーキです。

 

表面のサトウキビが焦がしてあるのでほろ苦く、コクがあって大人の味

チョコ輪うむが濃厚で食べきれないという方、

特にスイーツ慣れしていない方にはこちらがおすすめです。

 

食べ方のアレンジができるのも楽しい

テイクアウトしたバウムクーヘンをそのまま食べるのも楽しいですが、

違った食感を楽しみたいならアレンジがおすすめ。

 

「チョコ輪うむ」は冷凍してアイスケーキとして、

「ブリュレ」は食べる前に少しトースターに入れて温かく

といった面白いアレンジができます。

 

一度で食べきらずにアレンジするのも楽しいですね!

 

 

常に新しいことにチャレンジ

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」

せんねんの木では、「とろなまチョコ」や「ブリュレ」といった定番以外も

常時20種類程度の商品を取り揃えています。

写真は今年の夏の期間限定商品「チョコミント食べ比べセット」です。

ミントの濃さの違った3種類のとろなまシリーズを楽しめます。

 

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」 木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」 木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」

木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」 木更津市のバームクーヘン専門店「せんねんの木」

 

これらは過去の期間限定商品の数々。。

このような限定商品を次々に打ち出して、わたしたちを飽きさせないのが

このお店の魅力でもあります。

 

 

そして、今回も…

 

 

素材が良く、手間をかけて作り上げた美味しいバウムクーヘンだけに満足することなく、

常に挑戦し続けた結果、「とろなまチョコ」や「ブリュレ」といった人気商品が生まれました。

それでもなおチャレンジを続ける姿勢は、わたしたちも見習わないといけないものですね。

 

 

バウムクーヘン専門店のバウムクーヘンの常識をぶち壊す新食感スイーツ、

ぜひ皆さんも食べてみてください!

 

 

店名: せんねんの木 祇園店
住所: 千葉県木更津市永井作1-11-11
営業時間: 10:00~18:00
定休日: 月曜日(祝日の場合は火曜日)
食べログ: https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12032827/
HP: https://www.sennennoki.com/

 

 

「いいね」と思ったらボタンクリックお願いします!

せんねんの木バナー(ぽんちゃ)

 

-内房エリア(東京湾側), 房総半島, 食事
-, , , , , , ,

Copyright© 房総ローカリスト🍀ぽんちゃ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.